脱毛の妊娠への影響

初期段階はもちろん、安定器も避けるのが無難。体を大切に

脱毛は体調のよい時に行います。例えば生理中もできれば避けたいものです。実際エステやサロンによっては生理中だと施術してくれないところもあります。万が一のトラブルを考慮すると当然の対応ではあります。

妊娠していない女性妊娠中も同様です。フラッシュやレーザー脱毛そのものは胎児には影響はないとされています。が、多くのエステやサロンでは妊娠中の脱毛施術はできません。何故かというと、妊娠は病気ではありませんが、正常な体調では決してないからです。ホルモンバランスが通常時とは異なりますし、脱毛時の痛みによって陣痛が誘発されてしまったり、ストレスや痛みなど、母体に負担をかけてしまうことがよくないからです。

また、赤ちゃん、あるいは母体になにかあったときにすぐに対処できる体制もないからです。妊娠中、いくら元気だと思っていても、ちょっとしたことで急に吐き気をもよおしたり、おなかがはったり、急に変化が起こる可能性があります。特に妊娠初期は不安定な時期ですし、安定期と言われるときでも、無理は禁物です。さらに後期になったらおなかも相当大きいですし、母体への負担も大きくなります。お肌もデリケートになっていますからね。妊娠中は自分の体調とおなかの赤ちゃん、第一に考えてあげて下さい。

40代の脱毛のおすすめエステはこちらの記事

 

サイトマップ